イタリアン鍋

メール
送信
写真:イタリアン鍋

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 117kcal
  • 食塩相当量 2g
  • 野菜摂取量 200g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

ブロッコリー 1/4株 31g
キャベツ 1/4個 200g
セロリ 1/2本 43g
赤パプリカ 1/4個 40g
黄パプリカ 1/4個 40g
にんじん 1/4本 45g
じゃがいも 1個 110g
400ml
キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう! ミネストローネの素 1袋(35g)

作り方

1にんじんは1cm角の拍子木切りにする。じゃがいもは皮をむき
食べやすい大きさに切って水にさらして水気をきる。

2キャベツは食べやすい大きさに、セロリは筋を取り長さ4cmに切る。
赤・黄パプリカは1cm幅に切る。

3ブロッコリーは小房に分ける。

4鍋に①と水を入れて火にかける。沸騰したら②を入れ、
アクを取りながら弱火で煮る。

5じゃがいもがやわらかくなったら、ミネストローネの素と③を加え、
弱火で煮込む。

調理のポイント

お好みでチーズや鶏肉を加えてもおいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 117kcal
たんぱく質 4.6g
脂質 1g
炭水化物 24.9g
食塩相当量 2g
野菜摂取量 200g

ブロッコリーを活用しよう

鍋のレシピ

キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう! ミネストローネの素を使ったレシピ


素材について ブロッコリーの基本情報

冬|旬は12〜3月

ブロッコリーの話

ブロッコリーはもともと野生のキャベツを品種改良して生まれたもの。これをさらに改良したのがカリフラワーです。 ふだん食べているのは花蕾といわれる部分ですが、茎もやわらかく栄養もたっぷりなので、残さず使い切りましょう。花蕾と茎では火の通りがちがうので、ゆでるときは切り分けて茎から先に鍋に入れるのがコツ。加熱しすぎると食感も味も悪くなるので、色よく火が通る程度で引き上げたらザルに広げて冷まし、水気をしっかりきりましょう。


このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す