大根の保存方法

大根の保存のコツ

大根は葉がついている場合は葉が根の水分を吸い上げてしまうので、葉を切り落として根と別々に保存します。根を1本丸ごと保存するときは新聞紙に包み、冷蔵庫で保存します(保存期間の目安:10~2週間)。切ったものは、ラップでぴっちり包んで保存します(保存期間の目安:1週間)。葉は根元を湿らせたキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて保存します。

大根の冷凍保存

大根は、皮をむき、使いやすい大きさに切り、水気をふきとり、生のまま冷凍用保存袋に平らに並べて入れ、空気を抜いて冷凍します(保存期間の目安:3~4週間)。サラダ、和え物は自然解凍し、水気を絞って使います。シャキシャキ感は失われますが、味がしみやすく、ナムル風や甘酢漬け風のサラダはおすすめです。煮物、炒め物、汁ものは凍ったまま使います。大根おろしは、皮をむき、すりおろして軽く水気を切り、冷凍用保存袋に平らに入れて冷凍し、自然解凍して使います(保存期間の目安:3~4週間)。葉は、小口切りにし、水気をふきとり、冷凍用保存袋に薄く平らに入れ、空気を抜いて冷凍します(保存期間の目安:3~4週間)。汁もの、炒め物は凍ったまま使います。青みがほしいときに便利です。

大根を使ったレシピ


冬の食材