水菜の保存方法

水菜の保存のコツ

水菜は日持ちがしない野菜で、乾燥しやすく葉先もすぐにしおれてしまうので、購入後はできるだけ早く使い切るのがポイントです。葉に水がつくと傷んでしまうため、水で洗わずに保存します。けれど茎の部分にはある程度必要なので、茎の部分だけ湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に立てて保存します(保存期間の目安:1週間)。寝かせておくと上に伸びようとするため、茎が曲がりやすく傷みも早くなります。

水菜の冷凍保存

水菜は、使いやすい長さに切り、水気をふきとり、生のまま冷凍用保存袋に平らに並べて入れ、空気を抜いて冷凍します(保存期間の目安:3~4週間)。おひたし、和え物は、自然解凍して水気を絞って使います。炒め物や汁ものは、凍ったまま使います。

水菜を使ったレシピ


冬の食材