レタスの保存方法

レタスの保存のコツ

レタスは芯から水分が抜けて鮮度が落ちます。丸ごと保存する場合は、芯を少し切り落とし、切り口に小麦粉を塗って水分が抜けるのを防ぎます。さらにキッチンペーパーで全体を包み、ラップまたはポリ袋に入れて芯を下にして保存します(2週間)。または、芯に生長点があるので、働きを止めるために、芯に爪楊枝を3本くらい刺して同様に保存しても鮮度が保てます(2週間)。使うときは外の葉からはがして使うと長持ちします。カットしたレタスを保存する場合は、切り口から水分が抜けるのを防ぐために、切り口をキッチンペーパーで覆ってポリ袋に入れ、切り口を下にして冷蔵庫で保存します(5日)。


レタスを使ったレシピ


春の食材