HOBOTAMA 加熱用液卵風で作る たこ焼き風

メール
送信
写真:HOBOTAMA 加熱用液卵風で作る たこ焼き風

HOBOTAMA 加熱用液卵風を使用した卵不使用のたこ焼き風です。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 477kcal
  • 食塩相当量 1.7g
  • 野菜摂取量 1g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(4人分(約50個分))

薄力粉 3カップ 300g
たこ 適量
天かす 20g
紅しょうが 5g
かつお節 適量
青のり 適量
たこ焼きソース 大さじ1
顆粒和風だし 小さじ1
サラダ油 適量
600cc
HOBOTAMA 加熱用液卵風 3袋 180g
キユーピー エッグケア(卵不使用) 適量

作り方

1加熱用液卵風は、冷凍の袋のまま水につけて解凍、または冷蔵庫内で解凍しておく。

2ボウルに①、水、顆粒和風だしを入れ、泡立て器で混ぜる。薄力粉を2~3回に分けて入れ、粉っぽさがなくなるまで、混ぜ合わせる。

3ホットプレートを中温にして油をひき、②を穴の半分まで流し入れる。たこ、天かす、紅しょうがをのせ、②をあふれるまで流し入れる。竹串などであふれた生地を鉄板の周囲をなぞって切りながら、穴の中に入れてひっくり返し、丸く形をととのえる。全体がまんべんなく焼けたら、器に盛りつけ、たこ焼きソース、かつお節、青のり、エッグケアをかける。

調理のポイント

ホットプレートは、穴の中だけでなく鉄板のフチまで油をひいておきましょう。
マヨネーズタイプ調味料「キユーピーエッグケア(卵不使用)」を使用しています。
使用する材料のアレルゲンは別途ご確認ください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 477kcal
たんぱく質 19.3g
脂質 14.3g
炭水化物 63.8g
食塩相当量 1.7g
野菜摂取量 1g

たこを活用しよう

粉物のレシピ

HOBOTAMA 加熱用液卵風を使ったレシピ


素材について たこの基本情報

旬は関西が産地のたこは夏/関東以北が産地のたこは冬

一般的に食用となるたこというと「マダコ」を指します。

他に「ミズダコ」「イイダコ」「ヤナギダコ」などの種類があります。

産地によって旬が違い、関西(兵庫、福岡、香川など)では夏、関東以北(北海道、青森、福島など)では冬とされています。

兵庫県の明石や神奈川県の佐島はたこの名産地として有名で、とくに「西の明石、東の佐島」と呼ばれるほどです。

関西の旬のたこは麦わらができる頃(6~7月)に水揚げされるため「麦わらだこ」と呼ばれており、とても重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す