卵とろとろオムライス ビスク仕立て

メール
送信
写真:卵とろとろオムライス ビスク仕立て

写真は一人分です。

えびの風味が豊かなビスク風ソースが、とろとろの卵のオムライスによく合います。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 866kcal
  • 食塩相当量 3.2g
  • 野菜摂取量 0g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

ご飯 400g
えび(大) 150g
4個 200g
A 牛乳 大さじ2
A ひとつまみ
A こしょう 少々
バター 大さじ2
パセリ 適量
サラダ油 大さじ1
ビストロクイック 欧風ライスソース オマール海老のビスク仕立て 1袋 245g

作り方

1えびは殻をむいて背ワタを取る。

2フライパンに油をひいて熱し、①を入れて炒める。

3②によく振ったソースを加え、ひと煮立ちさせる。

4ボウルに卵を溶きAを加えて混ぜる。

5フライパンにバターをひいて熱し、④の半量を流し込み半熟状になるまで
混ぜながら加熱する。同様にもうひとつ作る。

6器にごはんを楕円形に盛りつけ、⑤をかぶせて③をかけ、みじん切りにしたパセリ
を散らす。

調理のポイント

卵を加熱する際はフライパンの直径が20cm前後のものを使うと上手にできます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 866kcal
たんぱく質 34.5g
脂質 40.2g
炭水化物 84.5g
食塩相当量 3.2g
野菜摂取量 0g

卵を活用しよう

オムライスのレシピ

ビストロクイック 欧風ライスソース オマール海老のビスク仕立てを使ったレシピ


素材について 卵の基本情報

卵の栄養の話

卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素を含んでいますが、中でも特長的なのが、たんぱく質のアミノ酸バランスのよさです。

人間の体内でつくることができない必須アミノ酸の組成が優れているため、卵のたんぱく質は、もっとも良質で、栄養価の高い食品であるといえます。

卵黄の色はエサの色で決まりますが、栄養価にはほとんど差がありません。
トウモロコシが多いと黄色に、パプリカなどを加えると濃いオレンジ色になります。エサに米の配合が多いと薄いクリーム色になります。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す